工場見学のご案内

 この恵まれた地で収穫されたぶどうからワインが出来上がる行程を是非ご覧いただき、さらにワインが好きになっていただければ幸いです。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

見学コースのご案内

ワインのビン詰・醸造・樽熟庫の見学コースをご紹介します。

見学時間
10:00~15:00
休館日
年末年始(12月31日~1月3日)

※電話・FAXにて(0198-48-3200)ご予約願います。10名様以上ご予約にてご案内いたします。その他については、ご自由にご見学いただけます。

【エーデルワイン工場案内】

秋のワイン仕込み作業(ぶどうからワインへ)

 ワイン用の葡萄は、冬の剪定作業、春の芽吹き、開花、そして夏から秋へ実が熟し、糖度が上がり良質の原料となった時、収穫され、いよいよワインの仕込みが始まります。
 まず9月初旬にキャンベルのロゼワインの仕込みから始まり、キャンベルの赤ワイン、9月下旬にはナイアガラの白ワイン、10月に入るとワイン専用品種による赤と白ワインの仕込が行われます。
 特に「リースリングリオン」や「ツヴァイゲルトレーベ」などのワイン専用品種は、畑ごとに栽培管理をし、最良の時期を選んで収穫と仕込みが行われます。そしてこれらの品種から出来たワインは、香りが高く、コクのあるビンテージワインとなります。


  • (1)入荷された葡萄がコンベアへあけられます

  • (2)コンベアから除梗破砕機へ

  • (3)除梗破砕されたキャンベル葡萄

  • (4)赤ワインの液循環作業

  • (5)赤ワイン用醗酵タンク

  • (6)ワイン用の絞りたて果汁

  • (7)ロゼワイン用果汁搾汁

  • (8)白ワインとロゼワイン用の醗酵タンク

ワインのビン詰作業


  • (1)ビンの洗浄、殺菌

  • (2)ワインの充填

  • (3)コルクの打栓

  • (4)検査

  • (5)キャップシール貼り

  • (6)ラベル貼り

  • (7)最終検査、箱詰め

 

皆さまの食卓を彩り、和ませてくれるワイン。大迫産エーデルワインは、町の生産者と工場で働く人々が一体となって出来上がります。毎年秋に仕込んだ高品質のエーデルワインが皆さまのお手元に届くまで、ぜひ楽しみにお待ちくださいませ。


ページの先頭へ